香港・日帰りで楽しむ離島「南丫(ラマ)島」

スポンサーリンク

ハイキングとビーチとおいしい新鮮な食事がメイン

<CONTAX Aria/Carl Zeiss Distagon T* 28mm F2.8/FUJI ACROS100>

現地の友人たちもみな勧めてくれた通り、安いしおいしいお料理が多かったです。ハイキングしてきたあとなので、すこし皆さんぐったり気味ですが、本当に料理が沁みました。山の中では、豆腐花 を売っているお店が突然現れたりしてびっくり(おいしかった!)

本当は一泊するつもりで向かった南丫島だったのですが、宿泊施設がシャワーは水、トイレはぼっとんという状態だったため(WEBには記載されていなかった)、テンションが下がり、支払いはしたものの帰宅することにしました(ごめんなさい)。あとちょっと幽霊がいそうな雰囲気で…。雨季に行ったのでずっと雨が降っていたことも失敗でした。でも、自然を満喫できるところは香港だと数が限られているので、ぜひ一度は行ってみた方が良いと思います。島から島をつなぐものとして、スターフェリーに何度も乗っていると、だんだんものたりなくなっていませんか?(笑)

行くまでが結構大変(フェリー)

<CONTAX Aria/Carl Zeiss Distagon T* 28mm F2.8/FUJI ACROS100>

4番のフェリー乗り場へ

セントラル(中環)のフェリーターミナルは、IFCモール1F、City’ Super横から通路がつながっています。4番のフェリー乗り場に向かうと、南丫(ラマ)島北西部の溶樹湾(ヨンシーワン)と、中央部の索罟湾(ソッグワン)行き、2つのフェリーを選ぶことができます。ハイキングを楽しみたい人は、榕樹湾行きの船乗り場から乗ってください。うちも山の中腹にあるホテル?(旅館)メインだったので、ハイキングコース狙いで 榕樹湾行きにのりました。

船酔いがすごい!

30分ほどの船旅ですが、とにかく僕たちの時は天候が悪かったのか揺れがすごい!波を登っては降りを繰り返して、ほとんどの人がダウン、小さい子は戻すくらいでした。天気にもよると思いますが旅の出鼻をくじかれた、と言っても過言ではないかも。だから晴れていると楽かもしれません。

やっぱりどんなに田舎でも計画性って大切だね!って再確認した南丫(ラマ)島でした。でも特に魚介類はやっぱり新鮮でおいしいです。ぜひ日帰りでたのしんでくださいね

香港行きのチケット、宿泊先を調べる

コメント

タイトルとURLをコピーしました