代謝をあげよう(考え方編)

スポンサーリンク

効率的に痩せたいなら大きな筋肉から

大きな筋肉とは、文字通り人間の体の中で大きな体積を占める筋肉の事。主にこの部位になります。

・背中(広背筋・僧帽筋) → ラットプルダウン
・肩(三角筋) → サイドレイズ
・ 胸 (大胸筋) → チェストプレス
・お尻(大臀筋) → レッグプレス
・ 脚 (大腿四頭筋) → レッグプレス
・太もも裏(ハムストリングス) → レッグプレス

ちなみに最初の一ヶ月は、自分の体に「筋トレをはじめるぞ」という予告期間。細かい筋肉はあとから。 大きな筋肉を集中して鍛えることで、カロリーを多く消費してくれます。またトレーニングで筋肉を大きくすることで基礎代謝を上げて、太りにくい身体にしていくそうです。

マインドフルネス的食事はこれ

よくタンパク質を摂取、という言葉をよく聞きますがかたよった食事はそもそもの健康バランスを崩します。「摂取カロリー<消費カロリー」の単純な計算式になりますが、その内容には十分注意しましょう。マインドフルネス的には、赤身肉は極力食べるのを減らしたほうが良いとのことです。

毎日摂取したほうが良いもの>

野菜、果物、ナッツ類、豆類、芋類、全粒穀物、魚、エクストラ・バージンオリーブオイル、チーズ、ヨーグルト

程よく摂取したほうがよいもの

鶏肉、卵

摂取を極力控えるべきもの

赤身肉、その加工食品、ファーストフード・揚げ物、バター・マーガリン、ケーキなど甘いもの

またトレーニングは交感神経優位となります。夜寝付けないなどの影響が出ることもあるので、寝る直前はトレーニングではなく、ストレッチなどで副交感神経を優位にさせるようにしましょう。睡眠の質を上げることに注力する=疲労回復因子の分泌を促すことになると、トレーニングの疲労が軽減されます。

そうは言ってもステーキ食べたいですよね…。毎日食べるわけではないと思うので、その頻度に注意してみてください。鶏肉に変えたりするのは非常に効果的なアプローチです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました