香港・街から30分のリゾート「淺水灣」

スポンサーリンク

都会を抜け出し小さなビーチへ

香港はにぎやかな都市だけど実は小さな海岸がいくつかあります。淺水灣(レパルスベイ)はそんな海岸の街の一つ。淺水灣にはMRTが通っていないので、行くとしたらバスかタクシー。 30代ならタクシーが良いけど大人はバスで行くのをオススメ。どこで降りるのかわからないドキドキがたまりません。赤柱(スタンレー)行きに乗りましょう。中環(セントラル)6,6X、6A、66、260番のどれかのバスで。ハプニングあっても慌てない。トラブルは旅のスパイス(あまり辛いのはダメですが)になります。

淺水灣でアフターヌーンティを

<Leica Ⅲf/Summarit 50mm F1.5/Kodak TRI-X 400>

淺水灣で有名なのは、The Verandah Restaurant(ベランダ)。駐在妻が多くて香港感は薄れますが確かに贅沢な時間と空間。アフターヌーンティはけっこう量があるのでお腹をすかせていきましょう。ちなみにベランダはちゃんとドレスコードがあります。特に男はサンダル、靴下がないと入れません。多分短パンも駄目な気がします。お腹を空かせるためにもついたらまずは浜辺を散策してみましょう。

雨が似合う街 ・ 淺水灣

<Leica Ⅲf/Summarit 50mm F1.5/Kodak TRI-X 400>

喧騒からすぐにこのようなところがあるのがギャップでさらに魅力を感じるのかもしれません。雨の多い香港ですが、その雨が恵みの雨と言ってもよいほど雨が似合う街です。 芝生もきちんと手入れがされていて空気が街よりきれいな気がします。雨が降った後などは木々もより生命力に溢れ、小鳥のさえずりも聞こえます。

<Leica Ⅲf/Summarit 50mm F1.5/Kodak TRI-X 400>

買い物のことは一度忘れてゆっくり歩こう

<Leica Ⅲf/Summarit 50mm F1.5/Kodak TRI-X 400>

何もかもがすごいスピードで動く香港ですが、ここだけゆっくりと時間が過ぎていくよう。街を見るというよりも、そこの空気を感じるべきところ。 緊張している心がほぐれていきます。

香港というとやはり雨がつきものです。大きな傘を持ち歩くよりも折りたたみの傘を常にもっておくといざという時便利です。オススメはアウトドアメーカーの折りたたみ傘。とても軽く荷物になりません。

スコールもあれば長い雨もあります。秋には台風も直撃します。それでも雨は灰色の空が多い香港を洗い流してくれます。あなたも心になにか溜まっているものがあれば、ぜひ香港へ。そして淺水灣へ立ち寄ってみてください。

香港に行くなら、香港エクスプレスで超お得な旅を

香港エクスプレスの格安航空券予約 香港

コメント

タイトルとURLをコピーしました