40代から始めるトレーニング

スポンサーリンク

マッチョになりたいわけじゃない

最近のボディメイクブームもあって、トレーニングが周りで流行っています。僕は今年の冬にダイエットにチャレンジしてジム通い(週2回)など行いましたが、見事に失敗。去年の10月よりダイエットにチャレンジして2kg太りました。
このときに気づいたんです「あ、マッチョとかシックスパックになりたいわけじゃない」って。目指すはしまっている体。たるんだお腹を凹ますだけで十分なんです。

ダイエット失敗におちいった罠

目標は6ヶ月で-6kg。1ヶ月1kgで計画的に落とす予定でした。そこで自称筋トレマニアの先輩の通っている24時間やっているジムに入会し、教えを乞うことに。これが後々ミスだったことに気が付きます。

(1)一緒に筋トレに行っても教えてもらえない
先輩もトレーニングしているので教えてもらえるのは最初のうち。そのうち声をかけづらくなり、正しいトレーニングフォームなのかがわからないのです。負荷もよくわからず、全く効果に繋がりませんでした

(2)いつでも行ける、は今日じゃないいつかに変わる
自分に甘いのもあるのですが、忘年会のシーズンに突入しトレーニングが後回しに。だんだんジムに足が遠のき、週2→週1→月2回のペースに。トレーニングは積み重ねなので、行き「続けない」と全く意味がありません。

(3)自分を追い込めない
そんなにストイックなわけじゃないので「しんどい」となったときに体が負荷を落とします。あと1Repが少なくなり、翌日に疲れを残したくないというなんのためにトレーニングをしているかわからない状態になりました。

(4)結果がすぐに出ない
40代に入ると体がどんどん省エネ化してきます。食事も考えて、毎日1200kcalくらいまでに落とし、糖質にも気をつけるようになりました。しかし体が順応してくれてそれでも生活ができるよういなります。トレーニングをしてもすぐに痩せたり、体脂肪が落ちたり、ましてや筋肉がつくわけではなく、モチベーションが保てません。ジムにはすでにマッチョな方が多くいる(自分でできる人たちが追い込んでいるので当たり前)ので、いつまでもたるんだ自分が嫌になってきました

(5)情報がありすぎる
検索すれば今やたくさんのトレーニング方法がYoutubeでも出てきますし、記事で言えばたくさんでてくるのです。なんとなく見ていてできそうなものから選び、わかった気になりましたが、結局なにも理解していませんでした。自分はどうしたいのか見失っている状態(現在)です

考え方を変えよう

そんな失敗を振り返り、甘い自分にそろそろ終止符を打たないと、と考えています。そのためにまず重要なことは
(1)続けられること
(2)適正な方法を理解すること
(3)もしくは適正な方法がないくらいシンプルなものにすること
(4)ちゃんと自分に投資し、対価を払う覚悟を持つこと
(5)適切な目標をもつこと
(6)余計な情報に惑わされないこと

パーソナルトレーナーについてもらう

そうすると自然とパーソナルトレーニングに行き着きます。強制的にトレーニングの時間を作り、正しい方法で正しくトレーニングすること。かといって何十万もかけられる余裕も目標が高いわけでもありません( -6kg)。しまった体を作る、ただそれだけです。何十キロのベンチプレスをあげる必要も自慢することもないのです。

正しいパーソナルトレーナーとは?

そうと決まれば、というわけで現在どのようなところが良いのか探し中です。知り合いのATC( 全米アスレティックトレーナーズ協会)の方(大阪在住)に聞いてみました。その結果

(1)なぜその方法が適しているのか?何度も「Why」を繰り返す
それに自分が納得するならばその人にするべき。人気で決めては駄目。トレーニングするのはあなたなのだから。逆に答えに窮するようであればやめるべき。お金と時間の無駄につながるのでお互い不幸になるとのこと。

(2)その結果どうなるのか?何度も「So, What」を繰り返す
トレーニングが普及し、お互いのスキマ時間でもマッチングできるような時代になりました。しかし、その結果、全員ではないですが一人で複数人をトレーナーが見るようになると、自分にあったメニューを考えてくれない人も増えているそうです。トレーニングできる人と時間は限られているため、できるだけ標準化し、高いお金と時間をかけてくれる人には指導は厚くなりますが、一方でこれからの人にはいわゆる私の失敗をしたようなケースに陥ることがあるとのこと。

考えている間にできること

まずは一旦今のジムを解約してお金の使い方を考えます。そしてパーソナルトレーナーをきちんと探すことにします。といってもその間何もしないのももったいないのでまずは自宅でできる(方法を極端に簡単にする)方法とその用意をはじめました。

Active Winner ヨガマット 6mm (ストラップ付) SGS認証 ピラティス ヨガトレーニングマット エクササイズマット ストレッチマット 軽量 滑り止め 高耐久

IRONMAN CLUB(鉄人倶楽部) ピラティス ポール IMC-54

こんなところで色味の統一を図りましたが、まずはストレッチポール。あとは簡単な自宅サーキット(HIIT)を始めてみようと思います(ここはYoutubeで見ておく)。皆さんも一緒に簡単なところからはじめてみませんか。しまった体を目指してこの後もお伝えできればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました