フィクション

フィクション

ダイナー (平山 夢明/ポプラ文庫)

それはまさにモーツァルトの「小夜曲」と同じ。多くの人が一度は見たり、聞いたり、経験したりしたこと。なんとなく、いつのまにか知っている、存在していた、存在しているもの。言わなくてもなんとなくわかる共通項。 人との繋がりやそれに伴う影響があるのは当たり前なのに、小説という形になるとより心に響く。文字に起こすとちょっと恥ずかしくなるような詩も歌にのせれば人の心を大きく揺さぶるように、この本も紙の上で文字が踊りだし、登場人物たちが鮮やかに動き出し、僕の想像力をかきたて、心を動かす。 何がきっかけで変わるかわからない
フィクション

屍者の帝国(伊藤計劃・円城塔/河出書房新社)

それはまさにモーツァルトの「小夜曲」と同じ。多くの人が一度は見たり、聞いたり、経験したりしたこと。なんとなく、いつのまにか知っている、存在していた、存在しているもの。言わなくてもなんとなくわかる共通項。 人との繋がりやそれに伴う影響があるのは当たり前なのに、小説という形になるとより心に響く。文字に起こすとちょっと恥ずかしくなるような詩も歌にのせれば人の心を大きく揺さぶるように、この本も紙の上で文字が踊りだし、登場人物たちが鮮やかに動き出し、僕の想像力をかきたて、心を動かす。 何がきっかけで変わるかわからない
フィクション

アイネクライネナハトムジーク(伊坂幸太郎/幻冬舎)

それはまさにモーツァルトの「小夜曲」と同じ。多くの人が一度は見たり、聞いたり、経験したりしたこと。なんとなく、いつのまにか知っている、存在していた、存在しているもの。言わなくてもなんとなくわかる共通項。 人との繋がりやそれに伴う影響があるのは当たり前なのに、小説という形になるとより心に響く。文字に起こすとちょっと恥ずかしくなるような詩も歌にのせれば人の心を大きく揺さぶるように、この本も紙の上で文字が踊りだし、登場人物たちが鮮やかに動き出し、僕の想像力をかきたて、心を動かす。 何がきっかけで変わるかわからない
フィクション

東京奇譚集 (村上春樹/新潮文庫)

村上春樹という人は音楽で言うなら絶対音感にあたるであろう絶対文感を持っているのではないかと思う。表現をする際、この世の中にあふれる言葉の中から最も適した言葉を選び出す。そしてどのように配置し、編曲(編集)するかを考える。僕達は彼の書いた譜面を読めば目の前に彼の楽曲が展開される。演奏に無駄はない。時折、アレンジを加えるが、気にはなるがひっかかりはしない。

読者である僕たちは、同じ曲を演奏する必要は無い。譜面(作品)を読んだら音に(文字に)なっているのだから。そして一度原稿用紙という五線譜から目を落としたら、そらすことは出来ない。ただページをめくるだけで、物語は静かにスタートしてちょっとした盛り上がりや転調はあるけれども、静かにエンディングを迎える。

タイトルとURLをコピーしました